運動は面倒だし苦手!な人におススメのダイエット法

運動は大事だけどやならいと意味がない。やらないけど痩せたい!という人には朗報です。飲むだけで脂肪を出してくれるダイエット医薬品をご紹介。脂肪なんてCUTして理想のBODYをGETしたいなら知っておきましょう。

*

期間限定で減量したい!短期間でする時の注意すべき点は?

   

ダイエットは計画的に行うことで、リバウンドせずに綺麗に痩せることができます。
減量の場合、やはり目標とする落とす体重や期日を始めにしっかり決めることです。そしてその落とす体重や期日に異常な無理をしてはいけません。なぜなら、失敗をしてしまうことと、その後にリバウンドをしてしまう可能性があるからです。

期間は2週間から1カ月程度

ダイエットは急激にではなく、なるべく期日に余裕を作り、落とす体重も無理のないように設定します。しかし減量となると、すでに何か痩せなくてはいけない予定や理由などがある場合が多いのではないでしょうか。

期間でなら2週間~1カ月程度にしておいた方がいいでしょう。ダイエットより多少きつい方法となるので、長期間には向かないと言えます。

落とす体重は3~5キロ程度

希望とするなら「1カ月で10キロ!」みたいな短期間で大幅な体重になるかと思いますが、痩せたとしてもその後が大変になります。できるのであれば、3~5キロ程度に留めておいた方がいいでしょう。もっと体重を落としたいと思うのであれば、前もってもう少し期日があった方が望ましいです。

一気に体重を落としてしまった場合、成功したと思って前と同じ生活になると増えるのもあっという間です。そして、元に戻るならまだいいのですが、元の体重より太ってしまう可能性は高いです。

糖質制限と有酸素運動は必須

食事制限は必須となりますが、脂肪制限よりも糖質制限を意識した方が痩せるという人が多いです。

以前、肥満の原因は脂肪の摂り過ぎにある、と言われていましたが、近年は炭水化物の摂り過ぎのほうが肥満に影響しやすいことがわかっています。減量の場合、糖質制限、または糖質を摂取しないという方法がいいでしょう。この先、全く食べないということではなく、あくまでも短期間だけというのであれば、問題はないでしょう。また、甘いものを食べ過ぎると体脂肪が燃えにくくなるので、間食のカロリーも計算して1日の摂取カロリーを適正値に抑えましょう。

食事制限と同様、運動も不可欠です。

有酸素運動は代謝を促進してくれるので、ぜひとも取り入れたいものです。ジョギングなど大量の酸素を必要とする運動は、脂肪の燃焼力を高めてくれます。酸素のある場所では紙が燃焼しやすいように、脂肪も落ちやすくなるのです。有酸素運動は食前に行うことで、体脂肪を効率よく燃焼させることができます。

目標に達した後は注意

終わった!成功した!と目標に達した満足感で、また普通の生活にすぐに戻ることは避けましょう。
体重が増えたとしても急激にではなく、緩やかにゆっくりと戻していくのが理想です。そして、もっと痩せたいと思うのであれば、短期間の減量ではなく、長期間のダイエットといった形で体質改善を含め、方法を変えて行っていきましょう。