運動は面倒だし苦手!な人におススメのダイエット法

運動は大事だけどやならいと意味がない。やらないけど痩せたい!という人には朗報です。飲むだけで脂肪を出してくれるダイエット医薬品をご紹介。脂肪なんてCUTして理想のBODYをGETしたいなら知っておきましょう。

*

「ストレス太り」のメカニズムについて

   

私たちは生きている中で何かしらのストレスを感じて生きています。それは時にはプラスに働くものもありますが、多くの人はマイナスのイメージを持っているでしょう。

そのマイナス要素のひとつに「ストレス太り」があります。

周囲でそんな話を聞いたことがあったり自分自身体験したことがあるなど、太るという話は知っていても何故太るのか詳細を知る人は少ないです。そんなストレスによって太ってしまうメカニズムについて説明していきます。

過食や糖分の摂取量で太る

太ってしまう原因でよく知られている理由にストレスで糖分を欲しがってしまいことや、過食に走ってしまうというものがあります。

人間は空腹を満たされおなかがいっぱいの状態になると安心してしまう性質があります。

そのため、多くの人は太ってしまう理由の中に糖分過多や過食があると認識していることが多いでしょう。

基礎代謝が下がって太る

しかし、もうひとつ普段と食事量が変わっていないのに太るメカニズムがあるのです。

そんなに食べていないのに太ることなんてあるのかと疑問を持った人も多いと思います。

しかし実はストレスが過剰に掛かってしまうと基礎代謝が下がり脂肪燃焼が普段より落ちてしまうのです。

摂取している量が変わっていなくともその脂肪燃焼する効率が下がってしまえば基礎代謝も普段より下がり、その結果太ってしまうということです。

そのため痩せるためにダイエットをしているのに痩せるためのストレスが掛かりすぎて逆に太ってしまうという場合もあります。
このことからも無理なダイエットは良くないという理由にも繋がります。

コルチゾールはストレスホルモン

このメカニズムの理由として研究者の間でいろいろと論じられていますが、そのなかのひとつにストレスホルモンとも呼ばれている「コルチゾール」の影響があります。

コルチゾールは炭水化物や糖・脂肪などの代謝に関わっており、ストレスによってその分泌量が増加してしまいます。
そしてコルチゾールは過剰に増えると脂肪が付きやすい身体にしてしまいます。
ホルモンバランスが崩れると人間の身体にいろんな影響をおよぼすと言われていますが、このコルチゾールもその1つということです。
このことから人間がストレスが掛かるとホルモンバランスが崩れたことによって太ってしまうということが分かります。

このように私たちと切っては切れない関係であるストレスは精神だけでなく身体にも影響をおよぼす存在ということが分かります。そのため普段の生活でこのストレスとどう付き合っていくかがより良い生活をしていくために必要だということです。